THEO(テオ)の運用実績は-5,712円。利回り-2.72%。ウェルスナビと損失額を比較してみました【2018年10月3週】

THEO(テオ)

当記事ではロボアドバイザーのTHEO(テオ)の運用実績について解説しています。

 

2018年10月に入ってからシロガネの運用している資産運用商品がほとんど価格が下がっています。

下落幅が少なくて利益が残っていたテオもマイナス利回りになりましたね…。

先週の資産額から-5,616円と半年ぶりに含み損が発生しています。

関連記事:THEO(テオ)の運用実績は+96円。利回り0.05%|先週から大きくダウンでした【2018年10月2週】

 

ただし、同じロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)と比較するとテオの下落幅は低くて含み損も小さいのが分かります。

当記事ではウェルスナビと比較しつつ、テオの運用実績と安全性について解説しているのでこれからロボアドバイザーをはじめたい人はぜひ参考にしてくださいね!

テオの運用実績【2018年10月3週】

テオ 運用実績

それではテオの運用実績を紹介していきます。

テオの運用実績

  • 投資元本:210,000円
  • 評価金額:204,288円
  • 評価損益:-5,712円
  • 運用利回り:-2.72%

 

テオのこれまでの運用実績はローリスクローリターンな堅実なものだったので約半年ぶりの含み損ですね。

投資元本 評価金額 評価損益(利回り)
2017年12月 30,000円 30,000円 ±0
2018年1月 60,000円 61,092円 +1,092円(+1.8%)
2018年2月 90,000円 86,925円 -3,075円(-3.4%)
2018年3月 120,000円 117,500円 -2,500円(-2.1%)
2018年4月 135,000円 130,000円 -5,000円(-3.7%)
2018年5月 150,000円 149,678円 -322円(-0.2%)
2018年6月 165,000円 166,004円 +1,004円(+0.6%)
2018年7月 180,000円 183,630円 +3,630円(+2.0%)
2018年8月 190,000円 190,859円 +859円(+0.5%)
2018年9月 200,000円 205,974円 +5,974円(+3.0%)

ウェルスナビと比較すると

同じタイミングでのウェルスナビとの運用実績を比較すると下記の形になります。

投資元本 評価金額 評価損益 運用利回り
THEO(テオ) 210,000円 204,288円 -5,712円 -2.72%
WealthNavi(ウェルスナビ) 430,000円 417,659円 -12,341円 -2.87%

 

どちらのロボアドバイザーもマイナス利回りですね。ただ、少しだけテオの下落幅が少ないことが分かります。

*テオもウェルスナビどちらの運用方針も最もハイリスクなプランにしています。

 

【徹底比較】WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)の違いは何?50万運用して考察してみた」でも解説していますが、テオはウェルスナビと比べるとより多くの投資先に資産を分散しているのでより安全性が高いといえます。

 

急激な相場の下落前に資産を株式から債券や実物資産に移す「AIアシスト機能」も備えているのでより安全性を重視したロボアドバイザーともいえるでしょう。

 

ただ、現時点での資産の下落率を比較するとウェルスナビとテオの両社に大きな差はないと思えます。

どちらのロボアドバイザーも市場平均と連動するETFに分散投資をしている以上、世界経済全体が大きく下落すれば資産が減ることを止める術はないといった感じですね。

 

ですのでロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)THEO(テオ)のどちらを使うかで迷うのなら、単純に最低投資額の差で選ぶようにすればいいでしょう。

最低投資額の比較

  • テオ:1万円から
  • ウェルスナビ:10万円から

 

ロボアドバイザー選びに迷うよりも、より早く資産運用をはじめて長期の積立投資による複利効果を受けるほうがメリットがありますね。

関連記事:資産運用には「積立投資」がおすすめです|初心者向けの商品を解説!

 

相場の下落時ほど割安で投資ができるので小額からでもすぐに始めてお金に働いてもらうのがおすすめです。

ロボアドバイザーの始め方は下記の記事で詳しく解説しているのでぜひどうぞ!

THEO(テオ)
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シロガネをフォローする
雪だるま式~Snowball-Effect~