ふるさと納税の裏メニュー「Amazonギフト券」が復活!寄付のやり方とお得なキャンペーンを解説します

ふるさと納税 Amazonギフト券 ふるさと納税

当記事ではふるさと納税の「裏メニュー」の返礼品について解説しています。

 

ふるさと納税 Amazon ギフト券

 

本日(2018年11月23日)ふるさと納税サイトの「ふるなび」でAmazonギフト券が再出品されていました。

総務省から指摘を受けて出品取りやめになっていたAmazonギフト券ですが、3連休に合わせて復活していますねw

まず間違いなく連休が終わると消されるため、お得なAmazon券でのふるさと納税をしたい人はお早めにどうぞ!

ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえる自治体

ふるさと納税 Amazonギフト券

 

Amazonギフト券を出品している自治体は「静岡県小山町」です。

静岡県小山町は「週末はふるさと納税で還元率の高いギフトカードをゲットしましょう!|今年がラストチャンスかも⁉」でも紹介した「サーティーワンアイスクリームギフトカード」や「リンガーハットお食事券」を出品している自治体です。

町役場のふるさと納税担当者がアグレッシブなのか、総務省に怒られそうなものを次々出してきますねw

Amazonギフト券の還元率は?

静岡県小山町のAmazonギフト券の還元率は40%です。

還元率とは自治体への寄付に対して、何円分の返礼品がもらえるかの率のことです。
「返礼率」とも呼ばれ、率が高いほどお得な返礼品と言えます。
寄付金額とAmazonギフト券の金額を下記の図にまとめています。
静岡県小山町への寄付金額 返礼品のAmazonギフト券の金額
25,000円 10,000円
50,000円 20,000円
100,000円 40,000円
150,000円 60,000円
200,000円 80,000円
300,000円 120,000円
400,000円 160,000円
500,000円 200,000円
1,000,000円 400,000円
1,500,000円 600,000円
2,000,000円 800,000円

 

以前のAmazonギフト券の寄付は50,000円が最低金額でしたが、いま出品されているものは25,000円からの寄付でも可能です。

ふるさと納税の控除額が少ない人でもAmazonギフト券の返礼品をもらえるチャンスがあるので非常に嬉しいですね。

 

ふるさと納税の控除額とは「いくらまでの寄付なら2,000円の自己負担で済むか」の上限です。
あなたの収入額や世帯年収に応じて上限額は変わるので「ふるなびの控除上限額シミュレーター」を使って確認してください。

さらに寄付金額の1%分のAmazonギフト券コードがもらえます

ふるなびでは、会員登録&ログインとクレジットカード決済でAmazonギフト券コードがもらえるキャンペーンを実施しています。

Amazonギフト券の還元率は自治体によって異なりますが、静岡県小山町は還元率が1%なので50,000円の寄付で500円分のAmazonギフト券コードが付与されます。

寄付の返礼品でAmazonギフト券をもらって、さらにAmazonギフト券コードが付与されるのは総務省の更なる怒りを買いそうですねw

 

ふるなびのAmazonギフト券コード還元のキャンペーンは自治体によって還元率が異なり、中には還元率が10%と高い自治体もあります。

還元率が高くおすすめの返礼品がある自治体は、「【終了直前?】ふるさと納税で還元率50%のギフト券+Amazonギフト券還元のキャンペーン中!」で紹介しているので是非お読みください。

寄付が完了すればAmazonギフト券が送ってもらえます

さすがに人気のためかAmazonギフト券の返礼品は寄付をしてから発送まで最大4カ月かかるようですね。

しかし、ふるさと納税は一度寄付をすれば自治体が責任をもって返礼品を送ってくれるので、Amazonギフト券の出品が停止になってもキャンセルにはなりません。

Amazonギフト券の出品があるうちに寄付を済ませれば確実に受け取ることができるので早めに申し込みましょう。

2018年度の寄付は2018年12月31日までに申し込みと支払いを済ませないと無効になります。
クレジットカードの決済を年内中に済ませれば寄付が完了になりますが、12月末だとサイトも込み合って申し込みができなくなる可能性もあるでしょう。年内中に寄付ができない場合でも、翌年に控除枠を持ち越すことはできないのでなるべく早く寄付をしておくことをおすすめします。ふるなびでふるさと納税をする

シロガネも50,000円の寄付をしました

Amazonギフト券の返礼品は還元率も高く、使い勝手もいいのでシロガネも50,000円分の寄付をしました。

定期収入がある人ならほぼデメリットなしで節税とお得な返礼品をもらえるのでふるさと納税は年内中に忘れずにやっておきましょう。

ふるさと納税でAmazonギフト券をもらう手順

「ふるさと納税って面倒だなあ」

と思っている人でもギフトカードが出品されているタイミングでは必ず寄付をするべきです。

2,000円の自己負担で数万円のAmazonギフト券がもらえるので面倒くさくてやらないのは非常にもったいないからですね。

 

ふるさと納税はみんなの税金で運用している制度なので、税金を払っているけどふるさと納税はしていない人が損をする仕組みです。

10分程度の作業で数万円の節税ができるので、何となくふるさと納税を敬遠している人は損をしてしまうので必ずやるようにしてくださいね。

 

ふるさと納税でAmazonギフト券をもらう手順を簡単にまとめましたので、下記を参考にお早めに寄付をしてください。

ふるさと納税でAmazonギフト券をもらう手順

  • ふるなび」のサイトへ行く
  • サイトのトップにある「控除上限額シミュレーター」で控除上限額を確認する
  • ふるなびの検索欄に「Amazonギフト券」と入力する
  • 寄付金額上限のAmazonギフト券の出品ページを開く
  • 「寄付を申し込む」をクリックする
  • ふるなびへの会員登録とクレジットカード決済で寄付を申し込む

 

以上で完了です。

少し分かりにくいのが寄付金額の控除上限額のチェックですが、大まかでも自分の上限額をチェックしてそれを下回る寄付をすれば基本的に問題はありません。数千円でしたらオーバーしても損はないのでご安心くださいね。

【還元率50%!】Amazonギフト券よりも還元率の高い「日本旅行ギフトカード」もあります

実はふるなびにはAmazonギフト券よりも還元率の高い返礼品が出品されています。

和歌山県高野町の「日本旅行ギフトカード」は還元率50%。20,000円の寄付で10,000円分の旅行券がもらえます。

和歌山県高野町ふるさと納税日本旅行ギフトカード

 

旅行や出張によく行く人ならAmazonギフト券よりもお得なので和歌山県高野町のふるさと納税をチェックしてみてください。

詳細は「週末はふるさと納税で還元率の高いギフトカードをゲットしましょう!|今年がラストチャンスかも⁉」で詳しく解説しています。

週末はふるさと納税で還元率の高いギフトカードをゲットしましょう!|今年がラストチャンスかも⁉
当記事ではふるさと納税でおすすめしている「高還元率のギフトカード」の返礼品について解説しています。 40%~50%の高い還元率の返礼品を受け取ることができるチャンスなので今年のふるさと納税がまだの人はぜひチェックしてください!
ふるさと納税
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シロガネをフォローする
雪だるま式~Snowball-Effect~